取り扱い生地一覧

エルメネジルド・ゼニア -Ermenegildo Zegna-

イタリアを代表する格調高い高級ブランド、エルメネジルド・ゼニア。
1910年に北イタリアの街トリヴェロで服地のメーカーとして誕生しました。
創業以来、永い伝統の中で大切に受け継いできたゼニアの哲学は、今日もなお糸一本一本に息づいています。
他の追随を許さない品質へのこだわりと、飽くなき探究心、そして服作りへの愛情から生まれるコレクションは、「上質」なものを身にまとう悦びと「本物」の価値を織る大人の男性から、絶大な指示と信頼を頂いています。

ロロピアーナ -Loro Piana-

イタリアテキスタイル生産の中心地ヴァルセシアに、ロロ・ピアーナ家にて設立され180年余の歴史を持ちます。
「最高の製品のみを保証する。」がポリシーで、原料の持つ特性を最大限に引き出した本物の服地を生産しています。
毎年の競売でメリノウールスーパー100sを年間生産量の30~40パーセント購入しており、トップラインと呼ばれる最良ロットのメリノウールを獲得し、業界でも特権的な優位に位置しています。
長い歴史に培われたこだわりと感性、そして技術と自信。
ロロピアーナの服地にはその深みと美しさが織り込まれています。

アルフレッド・ダンヒル -dunhill-

1902年 アルフレッド・ダンヒルにより創業。100年以上も続く、名高いイギリスの老舗ブランドです。
彼の独創的なアイデアは、瞬く間にロイヤルで洗練された顧客の心を魅了し、当時の顧客にウインザー公、パブロ・ピカソ、エルヴィス・プレスリーなどがいました。
くまでもクオリティーを重視し、長年培われてきた「ブリティッシュテーラリング」の専門技術を今もなお受け継ぎ、幅広い年齢層から支持を集めています。

スキャバル -Scabal-

1938年 オットー・ハーツによりベルギーのブリュッセルで設立されたスキャバルは、「常に最高を求めるスキャバル」のキャッチフレーズが物語る高級イメージで知名度が高いイギリスのブランドです。
最高級生地と伝統的サルトリアの技術を融合したパターンオーダースーツ仕立てる世界最大のウールンマーチャントとして、有名人や著名人にも広く親しまれています。
ロバート・デ・ニーロは「カジノ」で、レオナルド・ディカプリオは「タイタニック」でスキャバルの服を着ています。

イエーガー -JAEGER-

生理学者グスタフ・イエーガー博士の「人が着る服にはウ-ルが一番健康的」という理論に基づいて作られたというJAEGERは、1884年に創業された120年の歴史を誇るイギリスの代表的なブランドです。
20世紀という激動の時代をくぐり抜けて、現在に至ったとゆうことはスピリットを守りながらも、時代の変化を柔軟に取り入れた変革を繰り返し、新しいテクノロジーを取り入れてきた証です。
伝統的なクラシックスタイルに、今の時代を取り入れた大人のための服です。
オードリー・ヘップバーン、ヘレン・ミレンをはじめ近年では、クリスティン・スコット・トーマスやアンディ・ガルシアなどのセレブリティにも愛用されています。

ドーメル -DORMEUIL-

ドーメル社は1842年にフランスの一青年ジュールス・ドーメルが英国から毛織物を輸入してフランス国内で販売することから始まり、現在80ヶ国に輸出をするワールドワイドな世界有数のウールンマーチャントで、その知名度と信頼感は絶対的なものがあります。
ドーメルはスーパーブリオ、スポーツテック、トニックなどの高級素材で多くのテーラー業界で好評を博して来ましたが、アマデウス、ロイヤルオプティマ、アトラス、ブリティッシュエレガンスなどの英伊のスーパー100's~120'sのハイグレードレンジを提供することによりアパレル業界にも広く取り上げられています。

グアベロ -Guabello-

イタリア・ビエラ地方でも、老舗中の老舗でその創業は1815年。その歴史はエルメネジルド・ゼニアよりも古く、200年近く昔からのテキスタイルメーカーとして伝統を刻んできたメーカーです。
イタリア国内についてはクラシコイタリアの至宝とされている、キートン、ブリオーニとは、原料・品質開発の段階から取り組み、長期にわたり良きコラボレーションの関係にあります。

フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ-FRATELLI TALLIA DI DELFINO-

1903年の「ガルディア・タリア」としての創業当初よりsuper120~150使いのウール、シルク、カシミアなどを使用した級素材のみしか生産しないことがポリシーのイタリアビエラ地方が誇る最高級服地メーカーです。